福祉車輌選びのポイント!

最近は街中でも多くの福祉車輌を目にするようになりました。高齢化社会が急速に進行する現在、単に「福祉車輌」と一くくりにできないくらい、様々なタイプの福祉車輌が各メーカーから販売されています。そんな多くの選択肢の中で、介護される方だけではなく介護する方の状況やニーズを把握した上での福祉車輌選びが必要になってきています。
多くの種類がありますが、大まかに分けると下記の4タイプに分類することができます。福祉車輌と介護タクシー用車輌を知り尽くしたシープが、あなたのニーズにピッタリ合った福祉車輌選びのポイントをタイプ別にお伝えします。

回転シートタイプ

回転シートタイプ

■このタイプの福祉車輌の特徴

  • 座席の横に有るレバーを操作または座面横のスイッチ操作で助手席が外側へ回転します。
  • 助手席が回転する車種だけでなく、後部座席が回転する車種もあります。
  • 介護者の乗り降りの負担が軽い、座席が回転した後車外へせり出すものもあります。
  • ワイヤレスリモコンで全ての操作ができる車種もあります。

■こんな人にオススメ

  • 杖などで自力歩行が可能な方。(膝が曲がらない人は不向き)

リフトアップシートタイプ

リフトアップシートタイプ

■このタイプの福祉車輌の特徴

  • 座席の横に有るレバーを操作または座面横のスイッチ操作で外側へ回転させた後、助手席またはミニバン等の2列目シートがリモコン操作により電動で低い位置まで下がります。
  • ワイヤレスリモコンで全ての操作ができる車種もあります。
  • シートが外れそのまま車いすになるものもあります。
  • シートが一般的な車いすと、だいたい同じ高さまで下がるので車いすからの移乗がスムーズにできます。
  • 乗り降りの際には頭を打つことがあるので、頭上に注意が必要です。

■こんな人にオススメ

  • 乗り降りの際に足腰に負担を感じている方や、回転シートでは深く着座する事ができない方。(膝が曲がらない人は不向き)

リフトタイプ

リフトタイプ

■このタイプの福祉車輌の特徴

  • スイッチ操作でリフトを使い車いすに乗ったまま乗り降りできる。
  • 車いすの方を含め多人数での移動が可能です。
  • ストレッチャーもそのまま乗せれます。
  • 特殊な電動車いすなどで重量が重い車いすを乗せる場合は、リフトの能力に注意が必要です。
  • 座高が高い方は開口部の大きさに注意しないと、頭を打つ可能性があります。

■こんな人にオススメ

  • 車いすのまま乗り込みたい方。
  • 車いすの方を含め多人数での移動が可能なので送迎サービスに向いています。

スロープタイプ

スロープタイプ

■このタイプの福祉車輌の特徴

  • 手動またはリモコン操作によりスロープを出して車いすのまま乗ることが可能です。
  • 車いすの固定方法は手動固定式と電動固定式があります。
  • 購入時には、スロープの幅と今使っている車いすの幅のサイズ確認が必要です。(サイズ的に乗らないことがあります。)

■こんな人にオススメ

  • 介助者の負担が少ないので、主に女性や年配の方が介助される方。
  • 車椅子のまま乗り込みたい方。
  • 通院など短距離の移動が多い方。